音楽の悪用という目的

かなり細々とした活動だが未だにオレが音楽活動をしていることには一つの目的がある。
それは音楽の悪用なのだ!
例えばセックス・ピストルズが英国ロックシーンに現れた時、
ほとんどの大衆はピストルズを悪の根源のように扱ったはずだ。
同じロックでありながらレッド・ツェッペリンやビートルズは素晴らしい芸術である。
今ではピストルズもパンクロックのルーツとして正当な評価を受けているが、
それでもケシカランモノというようなイメージは付き纏っている。
英語の歌詞をまともに聴き取れないオレにとっては気配とか音の手触り以外は
感じ取ることはできないが、確かに悪の匂いは漂っているのである。
しかし今になってピストルズを聴くと非常にポップでキャッチーなロックンロールだな。
などと感じたりするのである。
例えばロックを構成するリズムは8ビートとかシャッフルとかだいたい決まっている。
さらにコード進行というモノがありADEの3コードとか、
それにマイナーコードを足した循環コードというのがあるのだ。
ビートルズなんかはシンプルそうに聴こえて実は複雑だったりするし、
複雑そうなツェッペリンは本当に複雑だったり、
単純そうなピストルズはやっぱり単純だったりするのだが、
音楽を構成する骨組みは実は大差ないのだというのが持論である。
例えば難しいことをしていれば高尚で簡単なことをやっていると低俗とすれば、
ニール・ヤングとかニルバーナとか説明のつかない芸術家がごまんといる。
要は気配とか手触りとかメッセージとか
音楽の本質とは割り方無関係なところで善悪が決められるのではないか?
などとオレは思った訳である。
「鉄人28号」の歌詞は”ある時は正義の味方、ある時は悪魔の手先、
いいも悪いもリモコン次第」という部分がある。
これは実にロック的なポジションの作品だったのだな。と思える。
あるバンドは正義の味方、あるバンドは悪魔の手先、
いいも悪いもアーティスト次第と三段論法を飛躍させ
オレはいかに悪魔の手先になるか?を精進しているのである。
例えば自殺志願者を思いとどまらせる感動的な音楽もありだが、
善良な人間を犯罪に走らせる音楽もある。
これはこれでパワーを内在した音楽のあり方なのではないか?と考える訳だ。
それにしても子供の頃の再放送でも「鉄腕アトム」より「鉄人28号」が好きだった。
「三国志」劉備よりも曹操に魅力を感じたり、
「ドラえもん」には興味ないが「機動戦士ガンダム」には興味が持てる。
宮崎アニメはどこか息苦しいが「新世紀エヴァンゲリオン」は楽しめた。
つくづく悪魔の手先側の方に魅力を感じるのがオレの習性のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

e-アフィリ
2006年08月14日 11:07
ブログ楽しく拝見させていただきました。

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを紹介しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

 ↓詳細は↓
http://e-af.net/?wesa

この記事へのトラックバック

  • 元風俗嬢が教えるセックステクニック!

    Excerpt: はじめまして。ブログ拝見させていただきました。このたび男の秘密のテクニックの情報サイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者にとっても非常に有益な情報だと思っております。 .. Weblog: 1173人とエッチした元風俗嬢が明かす女を簡単にイカせる男の秘密のテクニックとは? racked: 2006-08-14 18:09