イケイケな展開 魔法少女リリカルなのは

つくづくオレは横山光輝側のヒトなのである。
ルーツとしては梶原一騎というベクトルも強いのだが、
根本的に大衆文学的なノリに興味を惹かれるらしく
手塚治虫には、子供の頃から妙な反発はあったりしたのだ。
むしろ手塚の画そのものにセクシャルな魅力を感じ取るところはあったが、
オレらの世代としては、すぐに永井豪という、そちら側のモンスターが登場してしまったため、
セクシャルさは『リボンの騎士』とかより『キューティーハニー』とかになってしまったのだ。
そんな訳で『魔法少女リリカルなのは』である。
まぁいってみりゃロリコン風味の萌アニメでしかないのだが、
作り手側の遊び心がイケイケ状態になっていて楽しめた。
なんというか『ヤッターマン』から『オタスケマン』ぐらいのタイムボカン・シリーズに
近い悪ふざけを感じさせてくれて、これが痛快だったのである。
『なのは』はオレにとって、そういうベクトルで楽しめる作品なのである。
さらに横山的世界と永井的世界、もちろん手塚的世界にガンダム的世界、
さらには梶原的な世界まで展開させる。
これについては今後、細かく説明してゆくが、
なんだか知らないけど、なんでもありの世界だったのだ。
主人公、小学3年生の女の子がキューティーハニーばりの変身シーン!
萌とかっていってる場合じゃなく抱腹絶倒なのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック