もう少し突っ込んだ 乙女は彼女に恋してる

すっかり萌に走っちゃってますが、
意外と(といっちゃ失礼だけど)人気ある「乙女は彼女に恋してる」オトボク・アニメ版です。
正直いっちゃうと歴史に残る傑作にはなりえない作品なのである。
悪い点を挙げさせていただくと
まずストーリー展開はほとんどないに等しいこと。
大方の登場人物がヘアースタイル以外は同じ顔をしていること。
前半のライト感覚なエッチギャグが中盤から激減してしまうこと。
などがある。それでもオレは割り方、楽しみにオトボクを観てしまったのだ。
昨年は「ガンダム」やら「イデオン」やら、
どちらかといえば鑑賞することにエネルギーを費やす古いアニメを見返したり、
いい歳して「涼宮ハルヒの憂鬱」なんかリアルタイムで観ておいたりして、
いささか暴走していたんだけに、なんだかホッとするような空気がオトボクにあった。
とも考えられる。
清楚で上品な女子校という設定に、やり過ぎないエッチ度。
全てにおいていい感じにヌルいのである。
一時期は主人公と生徒会長に確執みたいなのは発生したものの、
それもツンデレとかデレデレというこりゃまたヌルい形に落ち着いてしまう。
とりあえず、このブログで紹介した萌アニメ「魔法少女リリカルなのは」と比較すると、
「なのは」がどこまでもインフレーション的に盛り上がってゆくのに比べて
「オトボク」は盛り上がらないことを前提とした男性向け少女マンガという
極めて異様な作品を確立してしまったのである。ちょっと大袈裟だけどさ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック