トップをねらえ! その2

「新世紀エヴァンゲリオン」においても庵野監督は前半は爽快に明るく、
後半はグッとシリアスに…という手法を用いているが、
これはガイナックという制作会社のお家芸という感じもある。
「トップをねらえ!」は「エヴァ」のための習作という雰囲気もあり、
戦闘シーンの演出や物語展開には共通した部分もあったりする。
そして何よりも自分の好きなモノを照れもなくさらけ出すのが
勇気のいる表現方法だったりもするのだ。
いわゆるパロディマンガに梶原一騎ネタが多く使われることには、
パロッている方の漫画家が梶原一騎が好きなのである。
ネタが梶原作品だけに「な~に力んでるのよ」という突っ込みを入れる。
この突っ込みの部分は一つの照れ隠しになっているのだ。
「トップをねらえ!」の世界は、そのタイトルからも「エースをねらえ!」を彷彿させ、
さらにロボットが出てきて宇宙艦隊が出てくる。
しかも女子校を部隊にした学園でもあったりする。
これはもう庵野監督にとって好きで好きでどうしょうもないモノなのだろう。
その好き!というストレートな気持ちが全編に溢れているから
視聴者は、その世界を厭味なく堪能することができる。
これが中途半端に好きだったらば「ただのパクリじゃねぇ」で終わってしまうのだ。
実は、この部分ってあらゆる表現にとって、とても大切なことなのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エヴァンゲリオンのエンディング(HiQ Ver.)

    Excerpt: このエヴァンゲリオンのエンディング。 Weblog: 新世紀エヴァンゲリオンレア動画の価値、奇跡 racked: 2007-03-04 17:33
  • エヴァンゲリオンがガンダムと対決?

    Excerpt: エヴァンゲリオンがガンダムと対決? それも∀ガンダムですと。 Weblog: 新世紀エヴァンゲリオンレア動画の価値、奇跡 racked: 2007-03-14 19:30
  • Payday loans online.

    Excerpt: Online payday loans. Payday loans online. No fax online payday loans. Online payday loans gauranteed.. Weblog: Online only payday loans. racked: 2008-04-16 16:25