あらま痴呆症♪ ローゼンメイデン・オーベルチューレ

ついつい年末のバタバタで 「ローゼンメイデン・オーベルチューレ」について放置プレイしてしまった! 放置というよりも痴呆に近い状態だが、それでもなんか説明はしておこうという オレなりの「ローゼンメイデン」へのカタの付け方があるのである。  それだけ第一期「ローゼン」は面白かった。 キャラクターの確率した7体のドールによる抗争やコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そんな訳で

 Buncho Oxキター!                                                          今回は文鳥企画ではありませんが、元赤と黒のベーシスト、ミシャくんのカウントダウンイベントに出演します。 12月31日(大晦日) 新宿スモーキンブギ オープン20時00分 スター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローゼンメイデン・オーベルチューレなんぞを!

ついうっかり楽しみにしてしまった…。 まぁ要するに「ローゼンメイデン」の特別編だったりする訳であるが、 なにせこんなタイミングでオレのテレビは破壊されている。 そこでワンセグチューナー「ちょいテレ」なるモノを買ったのだが、 こりゃまた写らない!画質悪い!と恐ろしく使えないシロモノなのである。 ノートパソコンを持ち出して野外でテ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ひとまずの総論 NHKにようこそ!

テレビが壊れた…状況でありながら「NHKに洋こそ!」最終回まで観ました。 ここんとこブログのテーマになっているアレのお陰でありまして、 そんなこんなしているうちにワンセグチューナー「ちょいテレ」を購入したりと、 pcを駆使してメディアを全方位する生活は続いておるのだ。 「ちょいテレ」に関しては、いささか失敗したような気もしている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そしてボクもアナタも犯罪者?

金子勇さんに罰金刑。winny利用者も逮捕の可能性があるなどと、 仄めかされてますが、なぜかwinnyのサイトは閉鎖されてませんな。 ソフト開発者は犯罪者扱いでソフト利用者も犯罪者になる可能性がある ソフトを未だにダウンロードできちゃうのである? そこまでケシカランものならば、とっとと強制的にサイト閉鎖し、 これ以上、犯罪者が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

放置プレイのち法治ってナンだ?

放置しましたフフフ。つぅかマジで仕事も忙しかった上、胃腸をやられた! しかし暴言と思いつつ書くだけ書いておくと、なにげにトラックバックがつくものだ。 それもyou tubeの保存のし方とかDVDのリッピングとか、 けっこう役に立つことをトラックバックしてくれている。 オレはオレで保存やらリッピングはしているのでオレの方法を書いて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

you tubeなど2

さて、いささか先日のブログの続編になるが、なんともyou tubeなど 動画共有サイトが物凄い勢いで増加しているようだ。 個人的には画質のよさとポータブル・メディア・プレーヤーとの相性もあって stage6には随分とお世話になっている。 もうテレビなどという媒体は要らないモノになってしまったなぁ~などとマジで考えている。 基本…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

続きがかけねぇ! NHKにようこそ

最近、ナニをしていたかというと部屋の掃除である。 オレと親しいヒトはオレの部屋がいかにブロンクスのような状態か!を知っているのだが、 この強烈なブロンクスにいよいよメスを入れたのである。 CREATIVE ZENの記事はなかなかアクセス数もあったが、 実に重宝している♪ 根が怠惰なオレはCDを入れ替えたりするのが実に面倒くさい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ 選ばれる視聴者

「N・H・Kにようこそ」の主人公佐藤くんは、引きこもりだけどオタクではない。 オタクな部分は山崎という登場人物が引き受けている訳だが、 佐藤くんは、どこまでもダメなだけで山崎が登場してから急速の面白くなる。 「ぱにぽにダッシュ」というアニメを観た時に、これはアニメをいっぱい観ているヤツが、 笑えるように作られているとも思ったが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

N・H・Kにようこそ ブラックジョークの行方

オレは普通のヒトよりも格段にアニメに詳しいが、 正面切って「私はアニヲタです」と宣言するほど観まくってはいない。 ある種の嗅覚というか、野生の勘で面白いモノを発見してしまうという 妙チクリンな才能に長けているのではないか?などと思っている。 もちろん「エヴァンゲリオン」や「ガンダム」などは、 あれほど皆が騒いでいるのだから面白…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー 複雑さ

さて、なんとかかんとか「ガンダム」OVAシリーズも「0083」まで到達した。 今回は「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」なのだが、 これは「ポケットの中の戦争」「08小隊」と同列ではない作品だった。 ファーストから「Zガンダム」のミッシングリンクを埋めるモノだそうだが、 例えば時列順に「ガンダム」シリーズを鑑賞した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム ~第08MS小隊~ にようこそ

すっかりポータブルAVプレーヤーにハマッてしまったが、 改めて再びガンダム道に戻る。∀を見終わってもOVA地獄が待っている訳で、 それはそれで面白いからいいんだけど…という感じで 「機動戦士ガンダム ~第08MS小隊~」だったりする。 これも「0080」と同じくファーストのサイドストーリーという設定なのだが、 テレビシリーズと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ひとまずのCreative ZEN Vision W”私的インプレ”

オレにとっては比較対象がオリンパスのボイストレックになってしまうので ipodと比べて、どうこうというのはできないんだが、 ほぼ一週間使って、それなりにまとめをしてみたいと思う。 まず映像面だが、画質に関しては、まず満足である。 市販のDVDより落ちているのかもしれないが、さほど気にならない。 むしろCreative ZEN …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Creative ZEN Vision W 映像編

始めに音楽再生マシンとしてのCreative ZEN Vision W の野郎だが、 購入から5日間ほど使用してみて音質は確実に向上した♪ 曲りなりにもミュージシャンとして楽器の音には敏感なオレの聴覚を信用してもらえば、 打楽器のノイズ感は激減している。オレの耳が慣れた訳ではなく、 クルマなんかでいうところの慣らしが終了したとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 Creative ZEN Vision W

前日はCreative ZEN Vision W の野郎の音質のショボさにガックリきた訳だが、 それもそのはずでウィンドウズ・メディアプレーヤーで高音質リッピングした ファイルに関しては変換しないと取り込めないのである。 購入した状態ではクリエイティヴ・メディア・ソースなるソフトもあり、 マイミュージックを、そのままコピーすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Creative ZEN Vision W

これまでMP3プレーヤーと録音機を兼ねてオリンパスのボイストレックV-50を使っていた。 軽量でなかなか便利なのだが、なにせ乾電池しか使えないというのは バッテリー面でチト面倒くさい。 録音中に気付いたら電池がなくなって止まってしまったというトラブルもあった。 一応、小さく電池の残量表示があるのだが、いきなりなくなっちゃうのであ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 そんな輝き

なにはともあれ「∀ガンダム」まで制覇したオレだったが、 まだまだOVAという砦も残っているのであった。 そんな訳で「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」です。 ファースト「ガンダム」のサイドストーリーという感じなので、 まずファーストに思い入れのないヒトには無用な作品。 とはいえ、こういう作品が成立してしまうところに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能ではない科学 ∀ガンダム

富野監督は「イデオン」で古代遺跡としてのロボットやら宇宙戦艦という発想をしており、 ずいぶん大胆だなぁ~と思いつつも、その独創性には感心してしまった。 「∀ガンダム」も黒歴史の遺産としてモビルスーツが発掘されるというストーリーなのだが、 「イデオン」の場合と異なるのは、地球人の文明である。 「イデオン」の地球人は、それなりに宇宙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横滑りな快感 ∀ガンダムその3

「ガンダム」がSF作品である以上、エンターテインメントとしての戦闘シーンは重要である。 荒唐無稽であっても「Gガンダム」の各国代表のガンダム同志による対戦などは、 非常に分かりやすい部分で楽しめてしまったのである。 以前のブログの中でもオレは比較的「ガンダムW」には批判的な意見を書いた。 その理由として大袈裟な戦闘シーンに食傷気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

らしさからの脱却 ∀ガンダムその2

ともかく「ガンダム」シリーズというのは善玉と悪玉という設定のない登場人物。 基本路線を戦記として複雑に入り組んだパワーゲームを展開すること。 どこかリアルで冷徹なストーリーであっても荒唐無稽なロボット戦闘はメイン。 戦争中であっても思春期特有の恋愛感情はリリカルに表現する。 などは必ず守られてきた基本路線なのである。 それらは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more