∀ガンダムという快楽

このところ「ローゼンメイデン」を持ち上げていたんだけど、 本来(でもないけど)「ガンダム」シリーズに戻りたいと思う。 ファーストから努力と根性で、なにはともあれ「∀ガンダム」まで辿り着いた訳だ♪ ひとまずこれでseed以前のテレビシリーズは制覇したので個人的には達成感がある。 例えば毎日カレーを食べるとかラーメンを食べるとかいう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ローゼンメイデンにおける萌

実はけっこう「ローゼンメイデン」は好きなので、まだブログを続けてたりする。 それまではいわゆる萌アニメというのは否定していたのだが、 オレの認識を「ローゼン」が変えてくれたのである。 アニメによる造型でのみ実現可能な美少女の存在というモノを否定しない。 ヒロインという存在はフィクションにはある程度は必要である。 例えば「新世紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうちょっとローゼンメイデン

そんな訳で、ちっともカッコよくない主人公桜田ジュンへの投影という形で、 徐々に「ローゼンメイデン」の面白さを分かってきたのだが、 最終話までたどり着き、なおかつ続編の「トロイメント」まで楽しめたのには 作品に、しっかりとしたエンターテイメントがあったからである。 ドール真紅に始まって雛苺、水銀燈、翠星石、蒼星石と回を追うごとに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローゼンメイデンはなぜ面白いか?

前のブログで「ローゼンメイデン」には時代が反映されていた…と書いたが、 まず、その最大の特徴は主人公のジュンだったのではないか?と思った。 引きこもりという設定も今時ならではだが、内弁慶で ドジでお人よしのお姉さんには威張り散らすという、実は非常にムカつく性格なのである。 例えば梶原一騎などが絶対には主役に据えないキャラクターで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハジけて飛んだローゼンメイデン

すっかり麻生太郎の代名詞みたくなってしまった「ローゼンメイデン」だが、 前記のブログにも書いたようにオレはyou tubeで観たのである。 今年の春先さったと思うが、今のように時間制限がなかったらしく 1話をそのまま鑑賞できたのは実に便利であった。 もう去年の話だが一部の女の子たちの口調が「~なのだわ」「~なのぉ」 「~してや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

you tubeなど

まぁオレが騒ぐ問題ではないのだが、you tubeを始めとする動画サイトが面白い。 誰が何のためにアップしてくれているのかは?全く不明だが、 DVDなどのレンタルなどしなくても様々なモノが見れてしまうのである。 お陰でテレビなどというモノはほとんど見ないで暮らせるようになってしまった♪ さらにオレのPCの外付けハードディスクには…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

怠けましたね

またブログに日を空けてしまったのだが、 なんだかほとんどの話題がアニメになってしまったのもある。 オレは一度凝ると求道者のようになってしまう性格なので 鬼となってアニメばかりを見続けてしまったりする。 特に「ガンダム」シリーズ全制覇の野望は未だに続いている訳で、 これはけっこう骨の折れる作業なんすよね。 なにせワンシリーズは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ステテコオヤジの推理

早朝の不審なステテコオヤジであるが、 窓を開ける音でビビッて逃げ出すようなヤツならば手馴れた泥棒などではないだろう。 一番考えられるのは変質者だが、これが実に微妙なのである。 今でこそステテコ姿はオッサンの下着姿ではあるが、 ほんの20年ぐらい前は、そんな格好で夕涼みをしているジイさんなんかザラにいた。 そこでオレの推理だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステテコオヤジの謎?

午前4時半のことである。オレの部屋は二階にあるのだが外の階段から出入りできる。 仕事にクルマで出かけた帰りでオレは部屋への階段を登っていった。 とりあえず機材を降ろすと昼間は暖かかったらしく、部屋の湿気が気になったため、 窓を開けて換気することにしたのである。 そのせつな!ドタバタと部屋の下から音がしたのである。 ふと見ると今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動新世紀ガンダムXの続き

個人的にはSF定義というのは実に苦手なのである。 例えばメガ粒子砲なる言葉が作品中に登場したとして オレには要するにビーム光線の先鋭的なヤツでしょ?ぐらいの認識しかない。 大槻教授みたいなコトを言いたい訳ではないが実際に見たことのないモノは 結局なんだか分からないのである。 ファーストから「ガンダムW」まで観てきてもオレにはS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動新世紀ガンダムXまできた♪

休憩(にはならなかったが)の、つもりで「イデオン」を鑑賞したのだが オレのガンダム完全制覇の野望(というよりも奇行)はしっかり続いているのである。 そこそこ評価の高い「ガンダムW」に続いて「機動新世紀ガンダムX」を観たのだ。 熱狂的なガンダムフリークでさえ「ガンダムXはよく知らない」とか 「さすがにガンダムXまでは観てないなぁ~…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

伝説巨神イデオンとちかいの魔球

ブログ内で書いておるので分かってもらえると思うが、 オレは「エヴァンゲリオン」を観てから後に「伝説巨神イデオン」を観た訳で、 時列としては逆をやってしまったのである。 ふと思い出したのが子供の頃に体験した「ちかいの魔球」というマンガであった。 「巨人の星」を直撃されたリアル子供のオレにとっては野球マンガは大好きだった。 折りし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

恋のミクル伝説巨神イデオン

なにはともあれ「伝説巨神イデオン」を一気に視聴した訳で、こりゃまた ムチャといえばムチャなことやってしまった訳である。 いわゆる富野アニメ・フリークというヒトたちが「イデオン」こそ最高傑作と讃えるだけあって、 おっかない話なのである。 「Vガンダム」辺りも観てしまったオレとしては主要登場人物が ジャンジャン死んでゆくストーリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説巨神イデオンでしょでしょ

ここんとこガンダム系の話題から遠ざかっていたけど、 なんのこたぁない。あまりにエピソード数が多過ぎて見切れないだけなのだ。 そうしたら様々ある訳で知人から「富野マニアとしてはイデオンを観てほくべきだ」と DVD全巻を貸してくれたのである。 義理堅いオレとしては、これから「伝説巨神イデオン」についてブログを進める訳である。 世代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム版「鉄人28号」

そんな訳で同じソフトを買い戻してしまうほどゲーム版の「鉄人28号」は面白かったのである。 このゲームは操縦者が離れた場所からロボットを操縦し格闘するという ポイントにこだわりまくって作ったところが面倒くさいながらも楽しかったのだ。 単純に鉄人28号対バッカスというロボット格闘ではなく 正太郎の視点から鉄人を操縦しながら敵ロボット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてやらかした!

実はもう何ヶ月も前にやめたつもりで友人にソフトをあげてしまったのである。 なんの話かというとゲームソフトでPS2版の「鉄人28号」の話だ。 ゲームとしては大きな話題があったモノでもなく、 はっきり言えば何らかの形で原作なり、アニメなりで鉄人を知らなきゃ面白くない。 さらには、かなり難しくてコツを掴むまで相当に時間がかかる。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000枚のCD!

この一週間はナニをしていたかというと音楽CDの整理である。 いわゆる部屋の中にCDのための棚というのは作ってたったのだが、 その棚に収容不可能になったCDの山が築かれて早くも10年が経った。 こうなると、ちょっと聴くにも困難なCDの方が明らかに多いという不合理が生じている。 どうせ大半はろくすっぽ聴かないのだから、片っ端から片付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックオックスの功績

ちょうど今川版「鉄人28号」にかぶれていた時期に結成したため、 オレの活動するアコースティック・ユニットの名前はブラックオックスになった。 さすがに、最近は今川鉄人を見返すこともなくなったが、 復刻されている「鉄人28号 完全版」の方がブラックオックスのエピソードが多くなり、 なかなか今見ても魅力あるロボットだと感心しているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日こそ、ちゃんと涼宮ハルヒ!

なんだか、この3回分は「涼宮ハルヒの憂鬱」について評を書こうとして、 結局何も書いていないというオレならではのムチャクチャな内容に終始してしまった。 オレはアニメ業界の人間ではないので 裏事情などは知ったこっちゃないが、いわゆる地方局から発信される 「ハルヒ」のようなスタイルのアニメは台所事情が楽じゃあないだろうということは判る…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱とは?

友達からの薦めで「涼宮ハルヒの憂鬱」を観ていたのだが、 なかなか痛快ではあると思った。まずCDのヒットだが 東京地上波では放送していないアニメ番組としては痛快である。 オレなどは一応、出版やらIT広告やらの仕事をしているので それなり会社にいるヒトなどは話題になっているアニメがあるという程度の認識がある。 「涼宮ハルヒの憂鬱っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more