テーマ:マンガ

伝説巨神イデオンとちかいの魔球

ブログ内で書いておるので分かってもらえると思うが、 オレは「エヴァンゲリオン」を観てから後に「伝説巨神イデオン」を観た訳で、 時列としては逆をやってしまったのである。 ふと思い出したのが子供の頃に体験した「ちかいの魔球」というマンガであった。 「巨人の星」を直撃されたリアル子供のオレにとっては野球マンガは大好きだった。 折りし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ブラックオックスの功績

ちょうど今川版「鉄人28号」にかぶれていた時期に結成したため、 オレの活動するアコースティック・ユニットの名前はブラックオックスになった。 さすがに、最近は今川鉄人を見返すこともなくなったが、 復刻されている「鉄人28号 完全版」の方がブラックオックスのエピソードが多くなり、 なかなか今見ても魅力あるロボットだと感心しているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには涼宮ハルヒ♪

年齢的には、すでにオッサンになっているのだろうが、 同年代や下手をすれば少し年下のヒトをオッサン臭いなぁ~などと思ってしまう。 音楽であるとかマンガであるとか、ナンでもいいんだけど、 自分が思春期や青春期に影響を受けた作品を回顧することで十分に楽しむことはできる。 例えば「あしたのジョー」とか「巨人の星」なんかはオレにとっては …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

考えてみりゃ大変な作業「ガンダム」シリーズ

例えば「渡る世間は鬼ばかり」で多少のキャスティング変更をしつつも、 その物語を延命させてゆくことは割合楽な作業であると想像できる。 「サザエさん」や「ちびまるこちゃん」のように延々と同じ続けるのも 長寿作品を延命させることの方法論でもある。 水島新司が「あぶさん」を未だに描き続けているが ムリがあるとはいえ50歳代のプロ野球選…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鉄人28号??

原作の金田正太郎はありえない子供である。 拳銃をブッ放し車も運転する。素早い判断力と運動神経 頭脳明晰で大人へも命令を下す。 おおむねこの時代の少年マンガの主人公とは、そんなものでよいのだろう。 今川鉄人では正太郎の性格が大きく違っていた。 父親の開発した鉄人28号の存在に反発し また生きていれば戦犯扱いになっていたかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人28号しょにょに

そんな訳で鉄人論に戻る。 オレがロボットアニメの魅力に取り付かれたのは前にも書いたように今川鉄人であったが それ以前に文庫版や秋田書店版を買い込んであったのだ。 ナニを隠そう大友克洋の『アキラ』全盛期である。 不良少年の金田、28人目の子供などアキラのキーワードは 明らかに鉄人28号を大胆にアレンジした内容であり 当時、美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人28号しょにょいち

ベタだなぁ~と思いながら毎月28日発売の『鉄人28号完全版』を楽しみにしている。 これだけ有名なキャラクターでありながら ストーリーを完全に収録した単行本が今まで発売されていなかったというのも凄い話だ。 今の様にマンガが一つのカルチャーとして認識されていない時期だから それもしょうがないとは思うが原稿の管理などはズサンで 紛失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more